Di2バッテリー BT-DN110が壊れた…そしてケーブルも内部断線していた

Di2のバッテリーはよく壊れると思う。
といってもこれは悪い風評を広めたいのではなくて、Di2が異常をおこしたら間違いなくバッテリーがおかしいことを疑ったほうがいいと思うという話だ。
別に自転車屋でもDi2に精通しているわけでもないただの一般ユーザーの見解だが、Di2が不調ということを検索すると内装バッテリーのBT-DN110が原因だというBlogが多いと感じる。(ちなみにその次にワイヤレスユニットEW-WU111もよく故障の記事があった)
ただジャンクションAやBが壊れる可能性が無いとは言い切れないし、もちろん各種スイッチ類やディレイラーも壊れる可能性はある。リアディレイラーの漏電なんかも起こりやすい問題の一つのようだ。

バッテリーが怪しいと断定している理由

ボクはGarminでDi2のギアポジションの表示とバッテリー残量を確認している。
以前から定期的にギアが一切切り替わらない今回のようなことは何度か起こっていた。
しかし大抵は乗っていると時間で解決する上に再発することが稀だった。その場合は操作がきかなくなるときGarmin上から電動ギアの表示が遅れて消えていた。
気休めだと思うが外しやすというところで、ジャンクションAとワイヤレスユニットを接続している短いケーブルを着脱すると治ることがあった。

今回も同じようにスイッチ類が効かなくなったあとに表示が消えたため、また時間で治るだろうとしばらく進んでいた。
しかし今回は何度か定期的に再接続をGarminが表示するもいっこうに電動ギアの表示が現在位置を示すことはなかった。
まるで自転車の振動で接続が不安定な状態みたいな感じがした。

自転車を止めていつもの短いケーブルをつけ外しすると、その度にGarminに接続表示がでるがギアの切り替えスイッチは動作しない。また今まではケーブル再接続時はジャンクションAに通電LED(緑色)の点灯が確認できていたが、今回は一切点灯しなかった。
念のためにスマホのe-tubeを確認すると、なぜかワイヤレスユニットだけ識別していて、他のユニットは未接続となっていた。
Di2はマスターユニットとも言うべき心臓はバッテリーに内蔵されている。ジャンクションAももちろん大事なユニットではあるが、それよりもバッテリーの方がプログラムウェイトが高い。

シートポストを抜くと格納していたバッテリーが落ちてフレーム側にあった。
そして結構洗車や雨で中に水が入っていたのか、バッテリーの端子がサビていた。
一応ダメ元でとバッテリーとジャンクションAを直接繋いでみたが、やはり通電LEDが点灯しない。ワイヤレスユニットは電力だけで動作するようだが、その他が動かないということはマスター部分がお亡くなりになったようだ。

バッテリーを入れ替える

Amazonで購入した新型バッテリーと付け替える前に、E-TUBE Projectで接続確認をすると、やはりマスターユニットが反応していない。

諦めて新しいユニットと入れ替えるが同じようにマスターユニットが検出できない。
何度かE-TUBE Projectを再起動したりしているうちに復帰した。
そこでものは試しにと元のバッテリーに戻すとなんと復活。どうもバッテリーが0だったようだ。だが充電してもすぐに充電ランプが消えて充電完了となる。そして動作しない。
どちらにしても故障していたようなので、新しいものに付け替えて充電を行った。

次の日動作確認しようとすると、やはりスイッチが効かない。
ねんのためにとジャンクションAとワイヤレスユニットのケーブルを交換すると正常に動作した。
まさかケーブルだったのか?と古いバッテリーとジャンクションAを繋いだが、それはそれだったようで通電LEDすらつかなかった。

毎日接続確認をして問題ないようであれば20cmのケーブルを再購入しよう…。

R-Type Final2のクラウドファンディングが行われていた。

R-Typeは大好きなゲームだが、PS2のFinalを最後にシリーズの幕を閉じいた。
その元制作スタッフが開発元のアイレムから受注委託する形で最新作をリリースすると、エイプリルフールに情報が発信されていた。

しかしこれはクラウドファンディングでジョークではなく制作するというのが翌日発表され、いつの間にか募集が開始されていた。
元々コアなゲームなだけで「続編希望」という人は多いが、実際にクラウドファンディングで集まるのか不安だったが、無事初期開発費分は集まったようだ。

というわけで早速3300円のゲームダウンロードできる分を支援してきた。

守破離って大事なんだと気づかされた

ボクはお酒が好きだ。
しかしそれは味が好きとか、この銘柄が好きとか、まったくそういうのはない。
何となく飲んでいたいという意味不明な趣向で、たばこを吸っていた時に似ている。
何となく吸いたい。吸わないと落ち着かない。そういう感情に似ている。

それでもこの味が好み、この味はそこまででもないという趣向はある。
それは毎日飲みたいか、そうでないかだ。

3月の終わり頃、この日々「何となく飲みたい。飲まないという我慢は嫌だ」という訳のわからない感情と折り合いをつけるべく、ソーダストリームを購入した。(ようは金銭的な理由で飲む量を減らすのは嫌だということだ)

“守破離って大事なんだと気づかされた” の続きを読む

自転車ダイエットのお供

今回の東北旅行で体重をかなり減らせることができた。(-2.5kg減)
とはいえど去年末から4.5kg増えていたので増えた分が減ったというだけのことだが…。

自転車乗車中のドリンクは以前から変わらず、「シトリック アミノ スーパースリム&シェイプ」を飲んでいる。
色々試してみたが長時間ライドで疲れたときの疲労回復度合いや(どちらかというと少し紛れるという感覚)、寒いときに飲むことで体が温まりやすくなるため重宝している。
味は酸っぱい系で飽きが来ないのも良い。

シトリックのダイエット効果に関しては、長年飲み続けているが効果があるかないかは、実は今までよくわかっていなかた。ただ最近は目に見えて体重が減少を傾向にある。今までの生活はシトリックと長距離サイクリングで一時的に脂肪を燃やし痩せたとしても、その後の日常生活ですぐに戻っていたのだ。それで体内に何かが不足していることに気づいた。

“自転車ダイエットのお供” の続きを読む

東北旅2019 #04

この日の朝食はホテルで取った。(朝食付きのプランしかなかった)
6時に食堂に向かったが大混雑で行列ができていた。
あまり食べすぎても……と思いバイキング形式だったがほどほどにして席を立つ。

ちなみに宮古市のルートインホテルでは自転車を入り口のクロークで預かってくれるようだった。あいにくとこの日は他の自転車旅行客グループがGIOSなどのミニベロを3台預けていたため、出す際に倒されても嫌だと考え手荷物にして部屋に持って入っていた。
ホテル入口でこれを手早く戻し、この日は7時にホテルを出発した。

出発から1時間経過した8時頃、みどりの窓口が営業をはじめたのを見計らい電話をする。「新幹線に自転車を置きたいので、立ち乗りで邪魔にならならいような比較的広い車両間通路がある車両はありますか?」と訪ねると「五号車と六号車の間に車いすが利用できるようなスペースがあるため、そこでなら余裕があります」という情報を得た。それなら始発(6時台)の新幹線であれば多少空いているに違いないと考え、そのまま八戸駅目の前にある東横インを予約。当初の目的通り八戸を目指すことに決めた。
これであとは八戸へ向かうだけとなった。

“東北旅2019 #04” の続きを読む

東北旅2019 #03

3日目は前日と比べて風がやや吹いているという程度だったため、向かい風だと辛いなーという不安は杞憂に終わった。
前日の教訓を生かして8時にホテルを出発したが、コンビニで朝食をとったり初日の雨で汚れた自転車を掃除したりしていると結局走り始めたのは9時半くらいだった。
幸いこの日は130kmと距離が短いため、日が落ちるまでの到着を目指すことにした。

View this post on Instagram

岩手県に侵入しました。

A post shared by 乃良狗 (@no_ra_inu) on

“東北旅2019 #03” の続きを読む

東北旅2019 #02

2日目は、朝9時に目が覚めた。
ホテルのカーテンをあけると気持ち良すぎる晴天だった。天気予報では西風が強風レベルだったが、気仙沼は宿泊地から北東方向のため追い風になって楽そうだなと思った。

水取りぞうさんの除湿に一縷の望みをかけて電源ボタンを押すとEdge1000はビープ音を鳴らしながら起動した。
これは奇跡の復活か!と昨日の走行データは諦めつつ初期設定を進めるとフリーズした。やはり無理か…と電源を落とすとそのままご臨終。
Edge1030って東北に売ってるのかなと検索すると、仙台ヨドバシに在庫があるとのことで電話して確認。1個だけ店頭にありますということで取り置きをお願いして向かった。

しかし修理(2.5万円)すればまだ使える上に、別段Edge1000に不満がなかったため、仙台までボンヤリとどーしようかなーと考えながら進んだ。
Edge1000は特殊ネジだけど開けてみれば治るかもと道中のホームセンターに行くと、自転車の鍵がロックせずにカバンにつないでいたため落ちて紛失していた。ガッカリ。
さらに特殊なトルクスT5ネジのドライバーもなかった。ションボリ。

気を取り直して再び仙台駅に向かう。
阿武隈川に沿って北上する。空を見上げれば天気は良いし、周りを見渡せば景色も良い。
もうこのまま仙台から新幹線で帰っても良いんじゃないだろうかという気持ちが湧き上がる。どうしても青森に行きたいわけでもないし、また来れば良いじゃないかと。
そんな気持ちのまま自転車を漕いでいるといつのまにか仙台南に入っていた。
道路脇にダイシャリンがあったので、空気を入れさせてもらいつつ注油、さらにワイヤーロックの鍵を購入した。
それから馴染み深い仙台南の街なみを堪能していたら目的地だった仙台駅に到着した。

“東北旅2019 #02” の続きを読む

東北旅2019 #01

本当は4/30に出発する予定だったが、この日は全国的に1日雨だった。
幸いタイヤのはめ込みで両手は筋肉痛だったので、ゆっくりと整備を仕上げ装備品を準備することができた。

あけて翌日の令和元年の初日。
朝早く部屋を出たボクは水戸駅に向かった。

今回の旅行は水戸出発、福島経由で宮城県に入り、そこから気仙沼を抜け岩手県の海沿いを通って青森の八戸でゴール。余裕があれば十和田湖を見て八戸に戻り新幹線で東京へ戻る。
というのがざっくりとしたルートだった。

ざっくりとというのが実際どこまで無理なく進めるのか、安いホテルの空き状況が不確定なため、毎回ホテルは実際に移動して、昼過ぎの段階で判断してから決めるようにしている。
(ホテル候補が少ない時は前日のホテル宿泊中に決める)

“東北旅2019 #01” の続きを読む

東北旅2019 準備編 #02

Continental Grand Prix 5000TL 海外通販の罠
(Mavic Kysrium PRO UST + 5000TL)

少し前のこちらの記事「Continental Grand Prix 5000 TLを安く買いたい…」で書いたが、これが本当に出発前に届くのか不安でしかたなかった。
26-29日に到着と表示されていたのを信じたのが悪いが、結局29日に届いた。17日に注文したので12日で到着した計算となる。
やはり海外通販は気長に待てる時にするものだと思った。

GWに入った27日には川崎東郵便局で通関手続き中となっていたが、次の日はそこから進展していなかった。
そのため29日も教習所で配達状況を確認していたが、教習が始まる前に最寄り郵便局から持ち出しとなっていたので安心した。そして部屋に帰ってきたら宅配ボックスに入っていたので早速開封。

“東北旅2019 準備編 #02” の続きを読む

東北旅2019 準備編 #01

Garmin Edge1000 バッテリー外部増幅設置
(モバイルバッテリー + REC-MOUNT)

‘Garmin Edge1000の問題点で一番多くでるのは、バッテリーだと思う。
最新の1030ではマウンター下にバッテリーを搭載してアダプタ部分が合致して公証20+20で40時間連続可動という素晴らしさはあるものの、専用設計のマウンタとバッテリーが下にぶら下がるためハンドルまわりがごちゃごちゃしがちという問題がある。あと高い。(バッテリーに16,000円は厳しい)
ブルベのように数十時間走りっぱなしが求められるシーンでは有効だと思うが、宿泊してのんびり走る自分のような自転車旅派としては、そこまでの物は不要かなと思っている。(過去ブルベは参加経験はある上での判断)

“東北旅2019 準備編 #01” の続きを読む