Mac Pro Mid 2010にBig Surをインストールする(非公式な手順をまとめ)

Mac pro 2009,2010,2012にBig Surをいれる方法を探してる人向けに手順のみ。
(詳細な方法はこの投稿の続きに記載)

  1. gibMacOSでBig Surをダウンロードする
  2. Big Surのインストールメディア(USB)を作成する
  3. OpenCoreをBoot可能にする
  4. 再起動
  5. OptionでBootメニューを表示させ、「EFI Boot」をクリックして、OpenCoreのBootメニューに切り替える(黒い画面に起動デバイスアイコンが表示されるようになる)
  6. Big Surインストール媒体(USB)をクリックして、インストーラーを起動する
  7. いつものOSインストーラー通りに進める
  8. 何度か再起動するが、再起動するたびにEFI Bootを選びOpenCoreのBootメニューを起動させ、インストール先に指定した「HDD(SSD)名 install」のデバイスをクリックしてインストールを進める
  9. 無事起動したら完了

インストールしたMacOSの動作環境

  • Mac Pro Mid 2010
  • CPU Xeon X5690 | 3.46Ghz 6core
  • RAM 48G
  • VGA Nvidia Geforece GTX 680 EFI(BIOS書き換え版)
  • 機種ID MacPro5.1

トラブルシューティング

Geforce 680GTXとDisplayPortケーブルでディスプレイをつないでいる場合、何故かわからないが再起動後「No Signal」となり画面が映らない

DVIケーブルで接続すると問題なく表示される。
DisplayPortで表示させる方法は現在調査中……しかし類例が見当たらない。

2021/04/13追記
どうも前バージョンのCatalinaからあった問題のようで、680GTXのDisplay Portで出力しない不具合がある模様。現時点では海外フォーラムをあさっても改善策がでてこないので諦めるしかなさそう……。

再起動したときにそのまま起動しない(進入禁止マーク)

基本的にBig SurはMac Pro 2009,2010,2012では動作しない設計のため、通常起動はしない。
再起動する場合は、毎回EFI bootでOpenCoreを起動し、OpenCoreのBootメニューからデバイスを選び起動させる。

NVMe接続されたSSDにBig Surをインストールしたい場合

未検証だが可能とのこと。
Mac自体のFW(機種ID)がMac Pro 5.1で、ブートROMのバージョンが140.0.0.0.0以上の場合は、NVMe接続されたSSDからBoot起動可能という記事がある。(情報参照元 VC社長日記
このブートROMのバージョンは、Movaje 10.14.1(140.0.0.0.0)か10.14.4(144.0.0.0.0)をインストールをする前段階、インストーラーを起動したときのOS画面上で「FWの更新を行う」という表示がでて行われる。
詳しいやり方については、前の投稿で紹介しているので参照。

FWの更新含めて色々やるので、システム整合性保護(System Integrity Protection: SIP)は無効化しておく。(確認はシステム情報のソフトウェア項目の「システム統合性保護」の項目。無効な場合は無効となっている。やり方はGoogle

“Mac Pro Mid 2010にBig Surをインストールする(非公式な手順をまとめ)” の続きを読む

Mac Pro Mid 2010にBig Surをインストールする #02

正常にインストールすることができたので、手順をまとめた投稿をしました。
方法をお探しの方はこちらの投稿をどうぞ。
Mac Pro Mid 2010にBig Surをインストールする(非公式な手順をまとめ)

解決

Big Surを一度インストールしたあとに画面が映らずに起動しない状態だったが、原因はDisplay Portのケーブルで接続していたからだった。
DVIケーブルで接続すると普通にインストール成功して通常通り動いていた…。


失敗した前回の続き「サポート切られているMacPro 2010で動いてよBig Sur計画」
リアルタイムに作業しながらメモ中。あとで整形するので作業メモがてら)
OpenCoreはMacRumorsのh9826790氏のパッチを使用。(Open Core 0.6.7)

“Mac Pro Mid 2010にBig Surをインストールする #02” の続きを読む

Mac Pro Mid 2010にBig Surをインストールする #01

正常にインストールすることができたので、手順をまとめた投稿をしました。
方法をお探しの方はこちらの投稿をどうぞ。
Mac Pro Mid 2010にBig Surをインストールする(非公式な手順をまとめ)

現在進行形で作業しながらの作業メモ風味のインストール記録。
インストール手順は作業しながら投稿しているため正確性は保証していない。
現時点ではインストール後に操作できるBig Surは確認したが、再起動するとプログレッシブバー半分で暗転してしまい進行しない。
おすすめしません、☆-65536です。
(2021/02/28 現在)

まだ結論には早いが現段階では、2013年以前のMac Pro(銀Mac)にBig Surをいれるのは、ボクとしてはオススメできない。というのが現在の正直な感想。
動作スペックに関しては問題がないが、いきなり起動しなくなるのが怖すぎる。とくにPRAMリセットすると、書き換えられたHardware情報が正常に切り替わってしまいBig Surは起動可能OSチェックがあるため進入禁止マークがついて一切起動しない。そのことだけでもほんとうに無理やり動かしてます感が強すぎる。
ちなみにPRAMクリアでBigsur起動可能なHardware情報が戻ってしまうのは、作成したUSBインストールメディアで「EFI boot」を選択して再度書き換えればBig Sur起動可能に戻れる。(逆に言うとインストールメディアが命綱になっている)
なので最低でも起動可能な別のMacOSはデバイスとしてあったほうが良い。
(2021/03/13コメントでご指摘をうけた文章の記述を変更しました)

作業進行記録

2021/02/14 23:55
patchをユーティリティであてても起動中に暗転→パニックエラー(再起動オンリー)となってしまう。これは再現性0のエラーかなぁ…。

2021/01/24 21:55
インストール後は一度起動したが、再起動したら起動しなくなった。
通行止めのマークだったので、原因がよくわからない。

2021/01/24 23:55
今回はインストール時にTimemachineで復元した。
そのあと念のためTimemachineに復元ポイントを作成中。

2021/01/25 22:15
タイムマシンのバックアップが終わったので再起動してみた。
やはり起動のプログレッシブバーが半分出たあとに画面が一度暗転し、そこから進行しない。
Wi-fiを使用していないため、まだpatch-kexts.shを適用していない。それが原因なのだろうか……

2021/02/28
patch-kexts.shをターミナルから実行して、bigsurが入っているSSDにパッチをあてたところ起動プログレッシブバー→暗転→システムパニックで再起動を要。でループするようになった。
何が駄目なのかさっぱりわからないが、個体的な不具合なのかもしれない。

インストールしたMacOSの動作環境

  • Mac Pro Mid 2010
  • CPU Xeon X5690 | 3.46Ghz 6core
  • RAM 48G
  • VGA Nvidia Geforece GTX 680 EFI(BIOS書き換え版)
  • 機種ID MacPro5.1
“Mac Pro Mid 2010にBig Surをインストールする #01” の続きを読む

Windows10(Mac Pro 2010)でBluetoothがコード43で動かなかった

※結局ハードウェアエラーでした。CMOSリセットで復帰した。(2020/05/26追記)

ここ最近はリモートワークしていた都合上MacOSばかり使っていたのだけど、エロゲしよーっと思ってWindows10を立ち上げるとログインパスワードを入力することができなかった。(Bluetoothのキーボード)

色々調べるとデバイスマネージャーで「Apple Bluetooth」の項目が「問題が発生したのでこのデバイスは停止しました。(コード43)」と表示されていて動作していなかった。

色々調べるとデバイスアンインストールあとにBootcamp再インストールで復旧するという記事もあったのだが、結局直らなかった。
Bootcampも当然アップデートされていないのでドライバー関連のアップデートができず詰んでしまった。一応、製造元「Broadcom」「BCM2033 Bluetooth 2.4 GHz Single Chip Transceiver」のドライバー再インストールでイケるという記事もみかけたのだが、やっぱりこれも動作しなかった。

結局解決方法はBluetoothデバイス(USB)を差し込んだ

結局以前の自作PCで突き刺さっていたBluetoothデバイスを使用することでBluetoothは使うことができるようになった。
さすがに10年前のPCでWindowsは新しくなっていくわけだし、いい加減足切りされているのかなーと感じる。

エレコム Bluetooth USBアダプタ 超小型 Ver4.0 EDR/LE対応(省電力) Class2 Windows10対応 LBT-UAN05C2

2020/05/26 追記

週明けにMacOSを立ち上げたらBluetoothがオフになっていた。
PRAMリセットしても直らなかったので、CMOSリセットしたら無事復帰
結局ハードウェアエラーだったっぽい…。

ZwiftをTV画面・PCでやりたい

2020年5月現在は緊急事態宣言により外出自粛期間中。
外に自由に外出できない状況は精神的苦痛よりも、運動できないことでデブリ続けるのでは?という焦りがあって精神的に良くない。
そこで思い出したようにZwiftをはじめたが、いくらペダルを回しても部屋の中の景色は当然変化しない。唯一ハンドルにとりつけた小さなiPhone画面でZwift上では進んでいますと確認できるが疑似サイクリングなどとは程遠く没入感はないに等しかった。

Elite Volano購入時の設定以降PCでZwiftをやることを諦めていたのでずーっとiPhoneでやってきたが、画面上の経過時間と走行距離しか目に入らないので「早く20分過ぎてくれ!」という苦行だった。(そのためTVでアニメを再生して20〜30分を自転車の上で時間を過ごしていた)
だから「Zwiftが面白い!」と言われると死んだ魚のような目になり、「三本ローラーや固定ローラーで延々とできる特別な人なんだ」という感情を持っていた。

しかし外出自粛となるとZwiftをどうにかしてTV画面・PC画面に出力し没入できる環境を構築できないかと考えてしまう。そこで色々調べると「Apple TVがあれば良い」というのは多く見た。しかしZwiftのためだけに2万も追加出費したくない…それなら早朝にでも荒川CRをギリギリ県越えないあたりで往復するわ…という心境だった。

“ZwiftをTV画面・PCでやりたい” の続きを読む

Mac Pro 2010 Midに OS MojaveでWindows10をインストールできない

結論からまとめてしまうと、Mac Pro 2010でMojaveをインストールしている場合、Bootcamp自体が起動しない。そのためWindows10をインストールしたとしてもBootcampサポートツールが使えないため動かすことができない。
Appleのサポートページでダウンロードが可能だが、何故かWindowsで実行すると、「このハードウェアで実行することができません」と表示された。(よくよく見るとダウンロードしたファイルがことごとく違ったのかもしれない。正しいファイルはこちら

実は前回同じMacにWindows10を入れたから問題なくできるだろう。とたかをくくって始めたが思った以上に苦戦したため、備忘録として記録する。

“Mac Pro 2010 Midに OS MojaveでWindows10をインストールできない” の続きを読む

Mac Pro mid2010をいまさら買った

「安西先生…Macでエロゲがしたいんです…」
エロへの執念、岩をも砕くという喪男の話。

Mac Pro mid 2010にWindows10を入れたい 前編

最近のパソコンは壊れなくなったと思う。
元々フリーランスで働いていた時に仕事用と兼ねた趣味PCは、当時スペック(2012年)の高かったintel Core7 i3770KのRAM 8Gで、去年までは問題なく動いていた。

しかし年末にPSO2をプレイしていると、高負荷でPCが強制再起動。そのまま立ち上がらず往生したことがあった。(それ以来PSO2はPS4でプレイしている)
その後も何度か不安定なことになることがあり、これはそろそろ寿命ですかね…(震え)と思いながら、だましだまし使っていた。

“Mac Pro mid2010をいまさら買った” の続きを読む