夏はそうめん

子供のころ、夏休みのお昼はそうめんが多かった。
理由としては数少ない親族の叔母が毎年大きな木箱でそうめん(揖保乃糸)をおくってきてくれていたためだった。
夏は冷たく、冬は暖かく(ヒガシマルうどんスープで湯麺)、いつ食べても美味しくボクはこのそうめんが大好きだった。だから慣れ親しんだ味というか、そうめんといえば揖保乃糸!というような先入観をもったまま大きくなった。

まさか高級品だったとは露知らず

一人暮らしを初めて少ししたころ、自炊の大変さに気づき、そうめんなら簡単に作れてお腹も膨れて安いのでは?と昔住んでいたひばりヶ丘駅近くのスーパーで揖保乃糸を買った。(赤帯)
帰って茹でて食べた時、「あれこんな味だったかな」と思いはしものの、売っているものがこれだけだし、そうなのだろうと深く考えることはしなかった。

月日がたって3年ほど前にAmazonのタイムセールで、揖保乃糸の特級(黒帯)がギフト用木箱入りが安く売られていた。
安いし買ってみるかと購入して食べた時、子供のころ食べた食感と味だった。
つまり送られてきていたそうめんは高級品だったのだ。
それを知らず美味しい美味しいと食べていた子供のころの無知さよ……

そんなわけで毎年この時期にタイムセールになっては買っている商品がまた安い時期がきた。

手延素麺 揖保乃糸 特級品 50g×38束 黒帯 そうめん 木箱 ギフト ST-50

そうめんの美味しい茹で方

ちなみに2年ほど前に知ったことだけど、そうめんを一番美味しく茹でる方法がYoutubeにあがっていたので実践したら、今までの茹で方が間違いだったことを知った。

簡単にやり方を書くと

  1. 水を多めに沸騰させる
  2. そうめんを入れて1分だけ沸騰させながら茹でる
  3. 火をとめて鍋に蓋をして、10分放置
  4. 流水でぬめりを取る

簡単で茹ですぎず、ほんのりと芯があるため腰があり、美味しい。
とてもおすすめ。

test

仕事で予約投稿の時間で0:00が指定できなくて、嘘だろ。なんでやねん。とサーバの違いかと思って自分のBlogでやっても指定できないか試した投稿がきっちり投稿されてるの忘れてました。失礼しました。

WordPressの予約投稿で0時指定ができない

ちなみにWordpressのこれほんとゴミカスだと思うけど、予約投稿の時間指定のフィールドは数字の0入力不可能で1~12しか入力できない
だからもし日付変更と同時に投稿したい場合は、AM12:00を指定するらしい。
でもそれだと正午の時はPM12時になるんだろうか。

昔の日付をすべて入力するやつならできるけど、gutenbergだとできないとか劣化もいいとこ。

鍵穴の潤滑剤

「動きをなめらかにする!KURE556!」
というCMのおかげなのか、色々な潤滑剤として使われるKURE556だが、MONOQLOという雑誌でAZの潤滑が最強!というのを見て、自宅に556がなかったこともありそっちを購入した。
早速窓のサッシやら滑りが悪いところに吹き付けると効果は抜群で、スルスルと動くようになった。

AZ KM-001 極圧・水置換スプレー [多目的・多機能・多用途・超潤滑防錆浸透 オイルスプレー/浸透防錆潤滑油/浸透 防錆 潤滑剤] 420ml

そんなある日のこと、賃貸の外扉に鍵を差し込むとき強いひっかかりを感じるようになった。
ほなAZの潤滑剤吹き付けるかーと脳死して、鍵穴に潤滑剤を吹き込んだ。

幸いさしたるトラブルもなく快調だったが、ある日Twitter上で「鍵のシリンダーにKURE556等の液状潤滑剤を吹き付けると、空気中の汚れがシリンダー内部に付着し動作が悪くなる。最悪壊れる」というまとめ記事ものを見てしまい、それ以来、シリンダーの不調になってもある程度は放置していた。

ところが先日、放置していたひっかかりが結構な抵抗値となってしまい、それなりにストレスを覚えるようになったので、思い切ってその記事に紹介されていた粒状潤滑剤を購入することにした。

建築の友 鍵穴専用 パウダースプレー 鍵穴のクスリ 15ml

鍵シリンダー専用になるが500円程度なので、ストレスから開放されるなら良いかーと購入。
翌日届いたので早速吹き付けてみる。
パウダーの潤滑ってどうなんだろうと思っていたけど、想像していた以上にスルッスルでストレスから開放された。

今年の旅日記はnoteに書いてます

blogで告知していませんでしたが、最近はnoteでも投稿しています。
明確に分ける基準は考えていないのだけど、本当にどうでもいいことをblogに書いて、思ったことや考えたことはnoteに書いて誰かの目に触れればいいなーという感じです。

noteはこちら

今年は深夜夜行バスで金沢へ行き、実家に帰省。
実家から出雲大社へ行き、京都経由で東京へ鈍行で戻った。
一番疲れたのは京都から東京の鈍行移動だったのは言うまでもない。

#220217

#220217

8年前に板橋区に住んでいたころ、秋葉原に行くときは水道橋で乗り換えていた。そこではじめて、東京ドームが町中にあることを知った。
それまでは郊外にあるものだとばかり思っていたから、驚いたことを覚えいてる。

久しぶりに仕事の打ち合わせで水道橋にいったため、東京ドームホテルを撮影した。なんとなく、東京都の山手線の中って独特な空気感があると思う。

#200217

#200217

1月の半ばから、会社の近くのスーパーでいちごを売っているのを見ていた。
価格も高く、いちごといえば春というイメージがあったので売れるのかなと気になっていた。その後、レジに並んでいる時に女性が買っているのを何度か見かけて、なるほど女性がかっていくのかと納得した。

そういえばいちごといえば女性というイメージがある。
どうしてなのだろうか。

先日スーパーに行ったとき、千葉県のとちおとめが半額で投げ売りされていた。
これ幸いと2つほど買った。
思えばいちごだけを買ったのは何年ぶりだろうか。

食べ方をろくに知らないので、ヘタを落とし、水洗いした後、器にもりつけ、砂糖を少しかけて、牛乳を流し込んだ。
そして2/5ほどをフォークで潰しながら、いちごを食べる。
実がなくなった後は、牛乳を飲む。
いちごのエキスと砂糖でいちご牛乳となった牛乳は、とても美味しかった。

ただやっぱり定価で買おうとは思わないかな。

ガルパンはいいらしいぞぉ…

土日は晴れていたのが風が強い日だった。
週末は郊外に出たいと思っていたら、友人が大洗でしか売っていないグッズが欲しいとつぶやいていたので、それを目的にしようと思った。
つまり2度目の大洗だ。

土曜日は、またしても昼手前に起きてしまった。
起床した時点ではまだ11時だったため、手早く用意を済ませ、いざ!と外に出てペダルを回し始めた……しかしケイデンス(ペダル回転)センサーが反応しない。
自転車を止めていじくり回すも反応しない。
1ヶ月前に落として新しい物を3000円で買ったばかりなのに…。

さすがに大洗までの200kmを不良のまま行く気にはなれず、一度部屋に戻り整備しようと思った。
が、センサーが壊れたようでなんともできなかった。
しかたなく、今のサイクルコンピューターに付属していたセンサーに付け替える。ペダルにゴムを巻きつけるタイプのためイマイチ好きになれなかったので使っていなかった。
そのため従来の磁石式を使っていたが現在は販売されておらず、プレミア価格化していたので諦めるしかない。
さいわい近場のホームセンターに行くと、強力だが剥がすことができる両面テープというのがあったので、それで貼り付けることにした。

開けて日曜日。
朝5時に部屋を出て、まだ暗い中走ることにした。
天気予報では曇で北風となっていたので、これは地獄の行程になる…と覚悟していたのだが、江戸川CRを北上する時だけ向い風で、それ以降の柏までは追い風となり、さらにそのまま大洗にいくまでずーっと追い風だった。なんという運のよさ!おまけに日が登ってからは快晴だったため、最高に気分が良いサイクリングとなった。
大洗には予定よりも早めに到着することもでき、無事に目的の物を購入。

大洗の市場で干し芋ソフトクリーム(茨城は干し芋が有名らしい)を購入して食べたが、干し芋がとても美味しかった。
買って帰ろうかと物色したが、1kg1000円と値段よりも重量に怯んでしまい諦めた。
ガルパンはいいぞぉとかいいながら、自分用には何も買ってないあたり信者から刺されそうだ。

そのあと波止場へ行き、寝っ転がって休憩。
天気は快晴で、風は穏やか。
文句のつけようがない昼寝に適した状況だった。

帰り道は当然向い風となり心が折れそうになったのは言うまでもないが、なんとか無事に帰宅できた。
いつもは早朝にでかけることがないが、日中を長く走ることができて、とても気持ちよかったので今度からは早朝に走る回数が増えそうだ。

#180217

#170217

駅を降りるといつも見てしまう広告スペースがある。
ボクは職業病もあるが、広告を見るのがとても好きだ。

去年の夏にこのスペースに掲げられていた、奥日光 中禅寺湖 千手ヶ浜の「ここはタヒチ――ではありません」は、素晴らしい訴求力だった。
(そのため秋に自転車で行こうとした)

鉄道のポスターは旅好きの心を刺激する、素晴らしいものが多い。

#160217

#160217

東京オリンピックの影響だと思うが、最近は東側に新しいお店が積極的に開かれているように思える。
会社のまわりも、気づけばおしゃれな店が増えてきた。

おしゃれなお店が嫌いというわけではないし、あえていえば好きなほうだが、問題は販売価格が高いため足が遠のいてしまう。
新しくできるのはよろこばしいけど、できれば価格帯をまわりの古い店とあわせてほしいな。
コーヒー1杯230円の古い喫茶店の近くに、550円のお店ができても、ボクは行かないのよね。