「カビトルネード 竜巻洗浄と発泡パワー!」で洗濯槽を掃除した

日曜日、近場にある島忠HOMESへ日用雑貨を買い出しにでかけた。お目当ては洗濯用柔軟剤だったが、販売コーナー通路出口に小型ディスプレイによる映像広告POPで「カビトルネード 竜巻洗浄と発泡パワー!」が紹介されていて足をとめて何度も映像を見てしまった。
個人的にこの映像つきの販売POPに弱く、ついつい買ってしまうことが多い。(過去にはDEOUとか色々)

洗濯槽のカビ取りは何度か試したが、SNSでバズるような「わかめがすごい!」状態に一度もなったことがなく、よっぽど洗濯槽の汚れが酷くないとならないのかなと懐疑的だ。

販売映像POPの内容は、ビーカー内部に油性マジックで線をいくつも書き入れ、洗剤を入れかき混ぜる。すると油性マジックが洗い落とせることがを紹介されていた。
まず一ノ矢となるA洗剤を入れ竜巻の水流で汚れを落とす。次に二ノ矢としてBの発泡剤のようなものをいれて泡の力で汚れを落とすという二段階洗浄の仕組みだった。
映像では1つ目の洗剤では落としきれていなかった汚れが、2つ目の発泡剤でキレイに落ちていたので、「ほーこんな商品が……」と関心した。

自宅の洗濯機は何だかんだで8年選手で、蓄積された皮脂による汚れによるものか、排水から硫黄の匂いがして気になっていた。そのため何度かこの手の商品(Amazonでプロが使用!とか大絶賛商品含め)を買って試したが、排水管の匂いまでは改善できなかった。
どの商品箱にも「一度でキレイにならない場合は何度も掃除してください」といった記載があったことと、そもそも排水管側の問題なのかなーと最近は排水ホースの交換を考えていた。

ちなみに島忠HOMESだと税込み820円程で売られていたが、Amazonだと681円だったため、その金額であれば効果無くてもいいかなと半信半疑で購入することにした。

洗たく槽クリーナー カビトルネード 縦型用 【洗濯槽のカビを一掃】

結論で言えば、洗濯槽のカビ?汚れは恐ろしいほどに落ちた。
排水管の匂いも消えたので、やっぱり洗濯槽が汚れていたようだった。
問題は汚れが落ちすぎたために、その後2回ほど洗濯しても浮き出た汚れが洗濯物に付着した……。
効果がバツグンすぎて二次災害

続きはよく見るワカメの写真のため、興味がなければここまでで…。

箱の中身はAとB

箱の説明を見ると「A剤を標準洗いで15分」とあるが、まったくここから意味不明だった。
洗濯機によってコースなんて全然違うのでは……とウンウン唸っていたが、単純に勘違いしていた。個別の洗濯コースで「洗い」だけにして15分間運転ということだった。
というわけで早速実行。

A剤の時点ですでに凄まじい汚れの落ち具合

過去に使った洗剤はここまで落ちることがなかった。ただ初回ではなく、以前使った洗剤でダメージを与えていてトドメとなった可能性も無きにしもあらず。
というわけでトドメにB剤を投入して洗い5分追加。

発泡剤のためシュワシュワと音がなっていた。なんとなく効いてそうな気持ちになるが、A剤と比較してそこまで変化はない

前回洗濯槽を掃除したのは4月だったのだが、やっぱりその時は落ちていなかったんじゃないだろうか。
というわけでこの商品はとてもオススメです。
ここまでは。

洗い流せない浮き出たゴミ

問題はこの後に起こった。
この浮き上がったゴミのような物を洗い流すために標準コースを回せとあるので実行したが、完了後に洗濯槽の底にゴミが大量に残っていた。
予定外に大物が取れて流れきらなかったのかな…。

その後も何度か洗濯槽だけ洗ったが、目が大きいゴミのためか、洗濯槽の底からおちることがなかった。結局ティッシュを使って手で掃除をした。

ちょうど自転車で運動したあとだったため、洗濯物を全てネットにいれて洗濯機をまわしたら、ネットにゴミが大量にくっついていた。
ネットに入れていてよかったと思いつつ、さらに普通の洗濯物をすると、ちょっとまだゴミがついていた。結局、念入りに洗濯物をはたいてから干すことになった。

総じていうと「洗濯槽の洗浄力はバツグン」なのだが、その後が大変という商品だった。
わりとオススメ。

洗たく槽クリーナー カビトルネード 縦型用 【洗濯槽のカビを一掃】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください