守破離って大事なんだと気づかされた

ボクはお酒が好きだ。
しかしそれは味が好きとか、この銘柄が好きとか、まったくそういうのはない。
何となく飲んでいたいという意味不明な趣向で、たばこを吸っていた時に似ている。
何となく吸いたい。吸わないと落ち着かない。そういう感情に似ている。

それでもこの味が好み、この味はそこまででもないという趣向はある。
それは毎日飲みたいか、そうでないかだ。

3月の終わり頃、この日々「何となく飲みたい。飲まないという我慢は嫌だ」という訳のわからない感情と折り合いをつけるべく、ソーダストリームを購入した。(ようは金銭的な理由で飲む量を減らすのは嫌だということだ)

例えば毎日チューハイ500mlを2本飲んだ場合は、毎月9000円が酒代として飛んでいく。
そしてダイエットにもよろしくない。(実際ボクは酒太りした人間だ)
ならばダイエット向きの酒とは?となるとハイボールになる。
じゃーハイボール用に炭酸を買ってーとやってると部屋中がペットボトルだらけになったし、ペットボトルの炭酸はお世辞にも強いとは言えない。
そんな時に知ったのがソーダストリームという製品だ。

ボクは当初この製品に懐疑的だった。
ちょうど出た時期が水素水がはやっていた時期だったこともある。
水に対して炭酸を使えば炭酸水になるとしても効率が悪いのではないか?と。ようは割高なイメージがあったのだ。

ある程度時期がたってから実はこの商品を使う方がお得だということを知った。
1リットルの炭酸水ペットボトルは100円だが、ソーダストリームを使うと30円前後で作ることができるし、炭酸が抜けかかった翌日にも充填すればよいのだと。
半信半疑だったが、部屋中に散乱するペットボトルを捨てる手間を考えただけでも、だまされてみようと思って買った。

結果的には買ってよかった。
なんせ自分が好きな強炭酸を作れるので、ハイボールが各段においしくなった。
ハイボールはウィスキーの味と、炭酸水で決まる。
水は蛇口直結の浄水器を通してるし、それで冷やした水で強炭酸水が作れる。無敵だ。
何よりゴミ捨てから解放されたのは最高だった。

問題はあまりにもおいしいからとウィスキーの消費量が増えた。
あと今までは適当なウィスキーでよかったのだが、炭酸水が美味しいせいなのか、サントリー角でないと満足できなくなった。
サントリー角の豊かさと深い味わいが、強炭酸と凄まじくマッチして美味い。
一度これでブラックニッカを安酒でと使ったが全然だめだった。
結局それでも安くしたいと考え、4リッターのペットボトルを購入し、漏斗で瓶に移し替えて飲んでいる。なんか落ちるとこまで落ちたような錯覚を覚えた。

タイトルの守破離

サントリー角と自家製炭酸水でぐびぐびと飲んでいたが、ある時からまったく味わいを感じなくなった。飲みなれてきたのだろう。もうそうなるとただの飲料だ。
その頃の飲み方は、
・タンブラーに氷を入れる
・適当にウィスキーを注ぐ
・炭酸水を入れる
・飲む
といったことをした。

今日偶然にも、美味しいハイボールのつくり方のページを見た。
すると手順はこうだった。
・タンブラーに氷を入れる。
・氷をグラスで回す(グラスの温度を下げる)
・ウィスキーを注ぐ
・氷を回してウィスキーの温度を下げる
・氷が減るので氷を足す
・炭酸水を入れる
・少しだけ回す
・飲む

工程的に温度管理が入っただけだが、これを行うことでグン!と美味しくなって感動した。今これを飲みながら書いているが、味も香りも段違いだ。
問題は氷の消費量だと思うが、ボクはこんなこともあろうかと自動製氷がある冷蔵庫を使っている。(というか自動製氷ほしさに大きな冷蔵庫を買ったほどだ)

もし日々の酒代にお悩みの方がいたらソーダストリームとサントリー角で作るハイボールはオススメだ。
今現在2か月ほど使って、毎回強炭酸を作っているがソーダストリームにはまだガスが残っているし、ガスボンベを最寄りの交換可能店舗(都心部であればヨドバシカメラとか)に持っていけば2000円で新品と交換してくれる。
だからソーダストリームは都心部に住んでいる人には大変オススメだ。
混ぜるウィスキーはお好みでこちらは趣向によるが、サントリー角ならば4リットルをAmazonするのがいいだろう。
ボクは楽天でポイントを倍にしまくればAmazonよりも安くなるので楽天で買っている。(送料込みで)

アルコール中毒者向けのネタだが、もしお役に立てば幸い。

ソーダストリーム Genesis v2(ジェネシス v2) スターターキット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください