HUBグレープフルーツを自宅で再現する

もし検索で「HUBグレープフルーツのレシピ」をお探しの方のためにはじめにレシピを書き記す。ただしこれは正解かどうかは不明。検索して唯一でてくるQuizletの情報の転載だからだ。

HUBグレープフルーツ レシピ
※はジャンボサイズ用の分量(1.5倍)

  1. ゾンビグラスを用意する(300〜360mlが入るグラス) ※450〜540ml
  2. 氷をグラスの8割まで入れる
  3. クラクスウォッカ(アルコール78度) 30ml ※45ml
  4. コアントロー  5ml ※7.5ml
  5. グレープルーツジュース 40ml ※60ml
  6. ピンクグレープフルーツ(果実)カット 2個
  7. 上記を入れたあとに一度中間ステア(軽くかき混ぜる)
  8. トニックウォーター 適量
  9. ステア

クラクスウォッカ(KRAKUS Vodka)は国内であまり流通していない。
どうもHUBが独自の流通経路で仕入れているもののようでポーランド製のウォッカらしい。またアルコール度数は78度とかなり高い。
どうりで飲んでると気持ちよくなると思った…。


ボクが住んでいる部屋の最寄り駅から一つ隣の駅は比較的大きな町になっている。
今まで秋葉原まで出かけないとイングリッシュPUB「HUB」の最寄り店舗はないと勝手に思っていたが、実は近くの大きな町にも店舗があることにWebサイトの店舗一覧を眺めていて気づいた。
それ以来、結構な頻度で土日のハッピーアワー(OPEN〜19:00)の時間帯なっては通い、深夜特急の影響で飲み始めたキューバリブレとお気に入りのHUBグレープフルーツを浴びるように飲んでは、ハッピーアワーが終わる頃に退店するというヒドイ客になっていた。
1杯250円で美味しいお酒が飲めるなんて最高だ。

先週の日曜日のこと。
その日は図書館で本を借りたあとHUBに行くか部屋でストロングゼロでも飲みながら本を読むかなやんでいた。
いくら近くといえど数時間は外出することになり、往復で何十分かは使うことを考えると自宅でストロングゼロを飲んだほうが時間を上手く使えないだろうかと思っていた。
(酒を飲むことが上手く時間をつかっているかどうかは考えないものとする)

そんなときにふと、「酒を氷の入ったグラスに直接いれて、グレープフルーツジュースと炭酸水のようなものをステアするだけのお酒なら自宅で簡単に作れないだろうか?」と思った。
レシピがあれば簡単に作れそうだし、洋酒を豊富に取り扱っている酒屋も空いている時間帯だったので、早速レシピを検索することにした。

しかしこれがまた全く出てこない。
あんな簡単そうなレシピがどうして出てこないのだろうかと不思議になったが、探し回った末にやっとみつけることができた。(投稿先頭のレシピ)
しかし今度は肝心のウォッカが正規流通していないため、同じものが手に入らないことに頭をかかえた。
とりあえずは買えるウォッカで一度試してみようと思い、コアントロー750mlを1500円で、ウォッカは失敗した時を考えて安いものでアルコールが高いやつを選び購入。(BARTON Vodka 50度 350ml 580円)ピンクグレープフルーツとグレープフルーツジュースは帰り道に最寄りのスーパーで購入した。

BAR用品は独り身男性の住居にはほぼあるだろうから省略する。
スーパーで売られている安い輸入品のピンクグレープフルーツは、皮に害虫対策の農薬ワックスがべったりと染み込んでいるため、最初にこれを80度のお湯に1分つけて除去する。そのあとは8等分にカットし、使わないあまりはジップロックにいれて冷凍庫で保存。

できるかぎり再現しようと思っていたので、まずはカップに氷をいれ、グレープフルーツは果実を絞ってからそのまま入れる。
次にコアントローとウォッカをメジャーカップで軽量し、そのあとグレープフルーツジュース 60mlを注ぎいれる。
一度中間ステアをしろとあったのでここでBARスプーンを使い混ぜ合わせ、最後にトニックウォーター……は面倒だったので普通に炭酸水をいれた。トニックウォーターの方が再現はできるだろうが、糖分と柑橘があるかないかの差だから部屋で作る分には無視して良いと考えた。

出来上がった最初の試作品はウォッカが異なるためなのか、BARTONウォッカの味が強すぎて微妙だった。
しかし続けて何杯か調整しながらつくり続けるとかなり再現度の高いものができるようになった。やはりレシピは偉大だと思う。(ウォッカを最終的には40mlくらいに調整した)

そんなわけで自宅でHUBグレープフルーツが飲めるようになったので、ストロングゼロに別れを告げ、ウォッカがタップり入ったアルコールを楽しんでいる。
アル中が余計悪化した気がしないでもないが、気のせいだと思いこむ……。

カテゴリーtalk

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください