#060524

クーラントのリザーバータンクが空だったので追加

長距離を走りきってくれて感謝しつつ洗車した。
洗車後に気になってクーラントのリザーバータンクの残量を確認したら、底の方に微妙に入っているだけで、MINを遥かに下回っていた。

実は今年の3月くらい、走行中に冷却水温度が105度を超えて120度まで上がってしまっていた。原因は冷却ファンの動作不良で、なぜかいつも冷却ファンが動作しはじめる103度を超えてもファンが動作しなかった。

翌日ディーラーに持っていき確認してもらったところ、エラーログも残っていたのだけど、事前に手回しで空冷ファンを回したために治ってしまっていた。
どうもファンの動作トルクはそこまで強くなく、どちらか片側が異物等で回転しない場合は両方動作しないみたいな仕組みになっているようだ。
そんなときは手で空冷フィンについるファンを手で回して様子を見て欲しいとのこと。

ただそのとき気にしていなかったが、120度まであがったときにクーラントが蒸発したのかもしれない。
またelfのオーガニッククーラントを購入し追加した。
規定量までいれて満足。

確認をしやすくするために、クーラントのカバーを止めているヘキサレンチ4mmのソケットかT型レンチを購入したほうがいいかなー。

トネ(TONE) T形ヘキサゴンレンチ THW-04 二面幅4mm

トネ(TONE) T形ヘキサゴンレンチ THW-04 二面幅4mm

868円(05/28 22:34時点)
Amazonの情報を掲載しています
カテゴリーTALK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください