Mac pro mid 2010 を MacOS BigSur 11.3 にアップデートすると起動しなくなった

4/27にMacOSのシステムアップデートが来ていたので、マイナーアップデートだろうと思って11.2からポチっとクリックしたら、再起動後にシステム要件外です。と表示されて起動しなくなってしまった。

TimeMachineで復旧を試みたが上手く行かない。
連休があけたので調べてみたら、どうもTimeMachineの保存方法もかわっていたようだ。
(現在復旧方法調査中)

Q:
通常のTimeMachineのバックアップ/スナップショットについてはどうですか?誰かがそれらに戻すことはできませんか?

A:
TimeMachineが作成している場合は、可能です。Mojaveでは、おそらく運がいいでしょう。Catalinaでは、そうではないかもしれません。BigSurでは、AFAIKでは、システムボリュームのバックアップやスナップショットを作成することはできません。また、スナップショットが24時間経過すると、TimeMachineはスナップショットを自動的に削除することにも注意してください。

これは私が知りませんでした。

そして今、私は未開拓の海にいて、私の事実がわからないことを認めなければなりませんが、BigSurを実行している場合はBigSurの最新バージョンに更新され、バックアップにTimeMachineを使用しているようです。マシンが接続されていて、更新に問題があり、その問題がTime Machineバックアップに送信されたため、元に戻す特定のTimeMachineスナップショットを指定できません。あなたのTMマシンはかもしれませんホースでつながれる/破損する/何でも。

将来のアップデートに関する私の新しいルールは、macOSのアップデートを選択したときに、TimeMachineとその他のバックアップを取り出してシャットオフすることです。

私の2015iMacで、私のBig Surアップデートはユニークで珍しいものを生み出しました。70個のフォルダが配置され、そのうち29個は空で、残りは私が長年にわたって作成したサブフォルダとファイルで完全にいっぱいでした。これらのファイルとフォルダーのいくつかは私のホームフォルダーからのものであり、いくつかは私のiCloudドライブフォルダーからのものでした。ゴミ箱に配置されたすべての更新がまだ私のmacintoshHDに存在しているように見えるので、私は大丈夫のようです。しかし、私はゴミ箱を空にすることを急いでいません。

MacForum : Anyone having issues updating to MacOS Big Sur 11.3 on a iMac

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください