名古屋の高速バス事故に思う夜行バスを使う理由

Twitterで「夜行の高速バスなんてたったの数千円で命を捨てに行くようなものだから乗らないほうが良い」というつぶやきを見て、一定数それはそうなんだが……という複雑な感情を抱いた。

貧しさがすべてを圧迫するというのが直球の理由にはなる。
お金があればTweet主が言うように新幹線を使うのが正解だろう。安全で早い。
でも今例えばなんらかの理由があって電車か夜行バスで移動できるなら、おそらくボクは夜行バスを選んでしまうと思う。

結局利用者の資産状況によるんじゃないかな。
そういうので言うと、「心の病に罹ったら、金持ちは精神科医に、若者はドラッグに、貧乏人は宗教に走る。効果は似たり寄ったりで、どれを採るかはその人の財布次第」というのと似てる。
つまりこの理屈にあわせると、「どうして精神科医にいかないの?」と言われてるようなものなんだろう。

頭の中でこねくりまわしてもんやりしてたので、blogに書くとスッキリしたので今後も書いていこう。

カテゴリーTALK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください