山形県米沢市のカクリキ味噌(花角味噌醸造)を通販した

「時に乃良さん、ご自身で料理をされますか?」
広告に関わる仕事をしていると、色々な業界の方とお知り合いになる。
ある日、直接的な仕事ではないが軽微なパソコン関連のトラブルで相談された。職場からお相手の仕事場は近かったこともあり、「それではお伺いして修理しますよ」と安請け合いをした。
その時、お礼として「このお味噌はとても美味しく、私自身も好んで買い付けております。よく贈答用としても頂くので、良ければお持ちしませんか?」と言われ「カクリキ味噌」を譲り受けた。

ボクが住んでいる場所には全国の味噌を取り扱う味噌屋があり、何度かリピート購入していた仙台味噌「社の熟王」で常備味噌は満足していた。この味噌を使い切ったら試してみようと思っていたが、1kgを購入した直後だったこともあり、どうしたものかなーと思っていたので、頂いた750g 2種(栗子:コシ味噌、米澤:豆味噌)のうち1つの栗子(コシ味噌)を味にうるさい友人に譲って試してもらうことにした。

バイクで受け渡しをした帰り道、スマートフォンを見ると「おい、この味噌うめーぞ」と滅多に味を褒めない友人が絶賛していたので、途端に興味がわいた。
早速帰宅後に残っていた米澤(豆味噌)で味噌汁を作ると、たしかに美味しい。
クドさはなく、絶妙な塩加減、椀底に残るとろみ、そして舌に残る豊かな後味。
これは素晴らしいお味噌だと、早速カクリキみそのWebサイトを見に行ってみた。

お値段が高いのかと思ったら、むしろ安かった。
近場の味噌屋では500gを650〜850円で購入していたが、750gが760円ほど。バグなのか?
販売卸先を調べても、米沢所在のサイトしか出てこないため知名度が低いようだ。
こんなに美味しいお味噌なのに、なんともったいない……。
(宿泊してとても良かった有名旅館の白布温泉 西屋さんでも使われているようだった)

今年の東北バイクツーリングで米沢に寄った時買おうかと悩んだが、「いやしかし2kgはちょっと重い……通販しても送料900円なら通販しよう」と考えたもののカートにいれたまま購入していなかった。
「社の熟王」を使い切ったあとは、OKストアの仙台味噌が安いからこれでいいやーと何度か購入していたが、ふと最近、どうせならカクリキ味噌を買おうという気持ちが高まったので「【特注品】栗子みそ(2kg袋詰め)」を購入。
1,922円+送料900円と、それなりの値段となったが間違いなく美味しい味噌汁を思う存分楽しめるなら損はないと考えた。

そのうちくるかなーと期待していなかったが、注文当日に「発送しました!」とメールがきた。意欲高すぎる。あと米沢から翌日届いた。Amazonかよ。


届いたお味噌でさっそく味噌汁を作る。
具材はなめことえのき、お豆腐でシンプルに。出汁は入れない。
これは最近Youtubeのクラシルチャンネルでよく見ている野崎シェフ執筆「和食のきほん 完全レシピ」の中で、「一般的な田舎味噌なら具材が少ないときは出汁を使い、具材が多いときは水で十分」とあり、今まで深く考えずいつも出汁を入れていたので具材を見て考えるようになった。

「和食のきほん 完全レシピ」はこれから自炊・料理を始めるという方にはあまり向かず、どちらかというと「普段料理をなんとなくするけど、もう少し美味しくしたい」という方にはとてもおすすめできる。ボク自信もなんとなくしていた味付けは間違っていたことを知ったりと、料理に対する知識が深まった。

ちなみに価格は1,408円だが、Kindle Unlimitedなら無料で読める。Unlimitedが安いキャンページ時に読むのがおすすめ。

「分とく山」野崎洋光のおいしい理由。和食のきほん、完全レシピ (一流シェフのお料理レッスン)

「分とく山」野崎洋光のおいしい理由。和食のきほん、完全レシピ (一流シェフのお料理レッスン)

野崎 洋光
1,408円(05/29 04:10時点)
発売日: 2016/03/25
Amazonの情報を掲載しています

久しぶりに味わうカクリキ味噌の味噌汁は変わらず美味しい。
ご飯がススム味噌汁だ。
おにぎり専門店などが添える味噌汁の味というと伝わりやすいかもしれない。
Amazon等で販売されていないし、知名度が低いのがなんとも惜しいが、地元では愛される味というのはそういうものかもしれない。ボクもひっそりと買い支えたい。
わりとオススメ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください